--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしいSSをもしゃもしゃやりつつ、グレオニー

2009年12月06日 21:27

こんばんは、しばらく空いてしまいました。なんともう師走ですね。今年はかもかてのおかげで楽しい一年でした(もうまとめかい)。パソコンを変えて、寝転がってネットできなくなったので少し肩が痛いです。寝転がって使うのが悪かったんですね多分。

まいぶらざーが誕生日を祝ってくれました!←ていうか祝ってくれと催促したとも言います(…。)おいしすぎるSSもらっちまったぜ。捏造どころかまさにサイドストーリーだった。すごくうれしかったです。ありがとうございます。あ、URLの数字は生まれ年です(よくある質問なので掲載wいい歳になっちゃったわぁ。)

ちょいとリアル方面振り切れ月間な感があるのですが、余暇をレハゲキットにつぎ込みつつというペースで行きたい感じです。が、基礎体力のなさゆえか、週末にツケが来てしまう…。中日にヴァイルかルージョンのお見舞いはなかとですか…。

そんなこんなで、自ブログは動きが止まりがちかもしれません。レハゲ制作ブログなどをどうぞよしなに。スクショみてるとわくわくするんだぞい。続きより、グレオニーについて少し書いておきます。


グレオニーの「大事な日には」のオチなかったなぁというあの話。

あのイベントは、好きというのとは違うけれども、心に残っているイベントで。
「雨のなかに映る真っ黒い塊」がずーっとグレオニーの王城を思うときの、思いだすときの心象風景なんだろなと。

あのとき語られた内容も、イベントの「オチなかったなぁ」という終わり方も、グレオニーの未消化な内面をそのまま差し出されたような気分とでもいうか。
こちらとしては差し出されたものをじっと見つめるしかない感じなんですけども、でもだからといってどうしようもない。

プレイヤー側がレハトとして、グレオニーのくすぶってる部分なりを支えてあげないと、ずっとそのままなんですよね。憎悪エンドだと、雨のなかでずっともがいてた気分だ、みたいなこと言いますし。

レハトとエンドを迎えなかった(レハトが干渉しなかった)キャラクターたちはそれぞれの道を歩むわけですが、タナッセにしたって、キャラなしエンドで出奔後、不幸になったとは必ずしも思わない、のは詩作があるからかなぁ。時間はかかると思うし、完全に消化するのは無理だと思うけれど。

なにがしか心を傾注できる、自己表現の手段があるだけで全然違う気がします。それがタナッセと他者を繋いでくれると思います。自由を得たら得たで、いろいろと混乱して書けなくなってしまったりする時期もあるかもしれないけれども。

グレオニーだけがなんとなく、「大丈夫かこいつ」って思っちゃうのです。
キャラなしエンド、王城での数年で、なにかグレオニーの大事な部分が曲げられてしまったまま、もう一度自分で曲げ返すことができないままに去ってしまったら。それは一言でいえば挫折なんでしょうけれども、それを拭い去るのはタナッセよりも難しい気がしています。

だからこそ「お前もうちょっとなんとかならんのか」と思っちゃうというか、

なんかこっちまで重苦しくなってくるじゃねぇか

とうっとおしくなるというか。w なのに憎みきれないところがグレオニーのいいところなんですかねぇ。
グレオニー嫌いじゃ、ないんだよなぁ。

彼の同僚含めて、衛士たちはなんのために訓練するのか。
ローニカは力を求めるに懐疑的ですが、彼の特殊な立場や過去やら、年齢が影響しているからあまり参考にならないんだよね。

タナッセは理由が明快でしたね。タナッセは「知恵の時代」で「言葉を介してしか思考を伝えることができない」と言いますが、なんか現代人っぽい言だなと思います。

外伝、今追えてないのですけども、7年前の事件。
いままで王城で彼が知っていた言葉が、彼を守らなかったということ。
それまで顧みることのなかった言葉が、唐突に生きられた現実、飢餓や暴力として目の前に突きつけられたことがあるということ。

っていうのは、タナッセの言葉にどういう影響を与えたのか、と思いきや装飾過多な詩らしいからそこはあんまり変わんないのねw
そういえば「賢者と愚者」でもどーも頭でっかちな感じですしね。

ただ、ひそかに鍛練するっていうのは、「つまらん理由」じゃないと思うぞ、ヴァイルのため、という最初の動機が強いにしても(印友あげとくね。

グレオニーが16歳で城に来て3年。
武勇150はあるんでしょうから、タナッセの3倍は強いはずです。

上達する喜びっていうのはあったんでしょうね。
ただ、訓練用の人形相手に打ち込むとき、真剣にそれで相手を傷つける、もしくは殺すことを想定して打ち込んでいるのか。(それはグレオニーに限らず他の衛士にも言えることとは思いますが…。)
というとちょっと意味違ってきちゃうか。

人殺す覚悟とかじゃなくて、グレオニーが何を思って素振りしてるかが気になるというか(と、ここまで考えて野球部に置き換えて考えるとすごいわかりやすい気がしてきた!?と思いましたが気のせいでした。)

なんかオチなくなってきて困ってきちゃった。w 今日のところはおやすみなさい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kisugi1983.blog84.fc2.com/tb.php/89-ec1f94d1
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。